そもそも葉酸って何?

そもそも葉酸って何?

 

葉酸は、ホウレン草の葉っぱから発見されたビタミンの一種で、妊娠期や授乳期に欠かせない栄養素として大変注目されているんです。

 

厚生労働省も摂取を推奨している栄養素だって知っていましたか?

 

葉酸は、人体の代謝に深く関係していて、新しい細胞が生まれてくるのを助けます。

 

だから体の発育にとって大切な栄養素なんですね。

 

参考動画

女子栄養大学 副学長 香川靖雄教授

『注目のビタミン 葉酸』

葉酸が不足するとどうなるの?

 

では、葉酸が不足するとどんな影響があるのでしょうか?

 

妊娠初期(4週〜12週)は胎児の細胞分裂が特に活発なんです。
この時期は、先天性の疾患を招くリスクが高いデリケートな期間なんですね。

チェック

 

中でも心配されるのが『神経管閉鎖障害』です。
神経管とは脳やせき髄などのもととなる神経の集まりです。

 

この神経管に閉鎖障害がおこると下肢の運動障害や無脳症などにつながり死産・流産の確率も高くなってしまします。
葉酸を摂ることで完全にノーリスクにはなりませんが、発症リスクを軽減できるとして摂取が推奨されているわけです。

 

心身ともにデリケートな時期だけに、少しでも不安は取り除いておきたいですよね。

 

赤ちゃんだけではありません。
葉酸不足は、妊婦さんの口内炎貧血食欲不振下痢の原因となることも報告されています。
心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

葉酸にはどんな効果が期待できるの?

  • 赤ちゃんのダウン症や先天性の障害リスクを軽減させる
  • 流産の確率を減らす
  • つわりの症状を緩和させる
  • 産後の体力回復を助ける
  • 肌荒れの軽減、髪のツヤに期待
  • 便秘解消
  • 貧血の改善

 

この他にも様々な効果が期待されています。
妊娠の1週目は本人でも気が付きにくいものです。
葉酸の摂取をはじめてから効果が出るまでのタイムラグも考慮して、妊活を始めたらサプリメントで葉酸を摂取することをおすすめします。

 

また、妊婦さん、赤ちゃんだけではなく、男性にも効果があるそうです。

チェック


葉酸を十分に摂っている男性は精子の染色体異常の発生確率が低いという研究結果もあるそうです。
家計に無理のない範囲で試すのもよいかと思います。

 

チェック【愛され葉酸】最安値口コミ情報